フォト
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

実習生レクリエーション

今日は実習生の山野先生にレクリエーションをしてもらいました。

まずはチーム分け。
「猛獣狩りに行こうよ」というゲームをしながら、チームに分かれます。

Img_5839_2

「ゾウ」なら2名、「ライオン」なら4名のグループです。
「オラウータン」なのか「オランウータン」なのか・・・。
どちらなんでしょう?
最終的に「ティラノサウルス」で8名のグループを作りました。

その後、園庭でクイズドッジボール。
普通のドッジボールとは違って、相手を当ててもアウトにはできません。
当てた後、先生が準備したクイズに正解しないといけません。

Img_5855

Img_5863

「次のオリンピックが開催される所は?」
「○○先生のフルネームは?」
「次のサッカーワールドカップが開かれる所は?」

などなど答えられそうで答えられない難しい問題に頭を悩ませたりする一方で・・・。

「イヌを英語で何とでしょう?」

という簡単な問題があったり・・・。
どの問題になるかは、当てられた人のゼッケン番号によります。
ドッジボールが苦手な人も楽しく遊ぶことができました

Img_5853

残念ながら、雨のため、途中で終わることになってしまいましたが、

「まだまだ遊びたい。」
「もっとやりたい。」
という、子どもたちの声。

本当に楽しいレクリエーションでした。

甲子園ツアー

童夢の伝統行事とも言える甲子園ツアー

昨年は降雨コールド負けで不完全燃焼でしたが、今年はバッチリ

実は童夢の甲子園ツアー。
タイガースの成績は、なんと2勝18敗

「今年こそは・・・。」と意気込み、応援にも熱が入ります。

誰よりも気合いが入っていたのはこの人

Img_5741

タイガースの先発ローテーションをも把握する熱狂的阪神ファン、N谷先生
童夢の子どもたちや保護者の方をグイグイ引っ張っていました。

Dsc06493

試合前で次第にテンションが上がってきます。

しかし、開始後すぐにオリックスが鮮やかな攻撃で先制・・・。
1番、後藤選手の狙い澄ました初球打ちが効きました。

まだまだ、始まったばかり。
気を取り直して、頑張って応援します。

Dsc06499

F金原先生を中心に応援。
この集団は、中継されていたテレビにも映っていました。

一方の阪神タイガースはというと、順調に失点を重ね・・・。
試合はワンサイドゲームへ・・・。

原因は、この人たちでしょうか

Img_5767

巨○ファンのN崎先生(写真左)と元阪神ファン(弱かった頃の阪神が好きだった)S田一先生(写真中央)が原因でしょう・・・。
月刊タイ○ースの方が怒ってきますよ。

タイガースの反撃を今か今かと待ちながら、ラッキーセブンを迎えます。

Dsc06534

Dsc06536

これは何回やっても楽しいですね。

その後、タイガースの打線が爆発することはなく、みんなあきらめムード。
巨○ファンも元気のない阪神ファンを励まします。

Img_5791

しかし、その甲斐もなく、1対6のままゲームセット・・・。

童夢の甲子園ツアーの歴史に、新たに1敗が刻まれ、通算成績が2勝19敗となってしまったのでした。

Img_5792

田植えの日

毎年恒例の農業体験

午前中は畑でサツマイモの苗を植えます。

Img_5621

寮長、直々に熱い指導。
みんな頑張って植えました。

Dsc06435

秋においしいサツマイモが取れますように・・・。

その後、スナップエンドウとエンドウ豆の収穫。

Img_5629

総勢60名。
一気に収獲

Dsc06453

お弁当の時間。
収穫したてのスナップエンドウを食べました。

Img_5640_3

畑の管理人、稲富さんからレクチャーを受けます。
水で洗ってスジを取り、そのまま口へ・・・。
マメとは思えないぐらい甘かったです。

午後からは今日のメインの田植え。

Dsc06483

田んぼの管理人、大西さんに教えてもらい丁寧に植えていきます。
毎年、子どもたちも上手になってきていますが、大西さんの教え方も・・・。
年々、試行錯誤をされているようで、子どもたちが田植えをしやすいように工夫されています。
いつもありがとうございます。

Dsc06482_3

Img_5689

田植えが終わった人たちは・・・。

Img_5693

カエルなどの生き物を捕ったり・・・。

Img_5694_2

どろんこ遊びです。

Img_5690_2

当然、こうなりますね。

田植えの日の最後は、みんなで温泉に入って帰りましたが・・・。
あとはご想像におまかせします。

毎年、童夢では田植えの他に、かかしを作ったり、稲刈りをしたりしています。
冬には収穫したもち米でもちつき大会です。

秋はサツマイモの収穫など味覚狩りも計画しています。

自然とふれ合いながら元気に農業体験をする。
子どもたちにとって、なかなか良い経験になっているのではないでしょうか。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »