フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

もち米の収穫

稲刈りが終わり、天日で干すこと約20日間。

十分に乾燥したもち米の脱穀作業をしてきました。

写真の機械に干した稲を通します。

Img_89442 Img_89702

稲についている実の部分だけが袋にたまっていくような仕組みになっています。

たまに機械で取りきれなかった部分もあり、稲にまだ実がついたままの物もいくつかあるので、確認。

実は一粒たりとも無駄にはしません。

Img_8955

袋が一杯になったら、トラックに積み込みます。Img_89392

Img_8954

この袋1つでだいたい30kg以上はあるかと思います。

重労働です。 

同時並行で不必要なワラはまとめてしばります。

Img_89722

これもトラックに積み込み、畑へ運びます。

運んだワラは作物の根を保護したり、様々な用途で使用されます。

Img_89762

半分が終わったところで、休憩・・・。

お弁当タイムです。

まだ半分なのに、ぶっ倒れてしまう職員。

Img_89522

想像以上に過酷です。

その後も作業はつづき・・・。

Img_89532_2 Img_89752

完了

Img_89712

・・・と思いきや、続いて脱穀した米をもみすり場へ搬入。

もち米をもみ殻を除いた玄米の状態にします。

Img_89791

収穫したもち米は昨年度よりも115%増。

410kgでした。

Img_89821

これで全ての作業が終了

職員の額には光る汗が

丸1日かけて行った脱穀作業&収穫。

普段、何気なく食べているお米のありがたさを改めて感じるのでした。

Img_89831_2

12月には、おいしいお餅がつけることと思います。

もう待ちきれません。

共済会施設職員軟式野球大会出場!

共済会施設職員軟式野球大会に大念仏寺社会事業団(OBR)が出場

いつものOBRのメンバーではなく、施設に勤務する男性職員が結束してチームを作りました。

野球経験者、未経験者も関係なく、全員参加です。

試合前、早速ウォーミングアップを開始します。

Dsc01158Dsc01160 Dsc01159

良い雰囲気の中キャッチボールができました。

しかし、そこはやはり素人集団。

投げたボールが草むらに入り、捕りに行った職員が餌食に…。

Dsc01164 Dsc01163_2

ここもみんなで協力しながら、くっつきムシの捕りあいっこです。

チームワークは抜群

Dsc01171

さあいよいよ試合開始。

1回戦は「ハピネスさんあい」さんとの試合です。

ミスが重なり、1点先制されてしまいます。

そして、0対1で迎えた最終回。

ここでドラマが・・・。

2番杉田一先生のホームラン

Kazuhr

さらに3番野崎英先生のホームラン

Hidehr

誰も予想だにしない2者連続ホームランに一気にベンチもお祭りモード。

監督である杉田理事長も、いてもたってもいられなくなって、「代打、オレ」で登場。

結果はお見事、レフト前ヒット。

Ryotyohit

ライト藤本先生の堅守もあって、2対1の大逆転勝利。

Imomoout

見事、1回戦を突破しました。

2回戦は「くみのきーず」さんとの試合。

投打で調理場レイノルド選手が大活躍。

投げては、相手打線をシャットアウト。

Reipit

打っては、2打席連続ホームラン

Reihr1 Reihr2

宮園先生の堅守も光り、5対0の大勝利。

Miya

チーム全員が一丸となって、誰も予想すらしなかったベスト8に進出

さあいよいよ準々決勝。

昨年度準優勝チーム「児童施設部会A」さんと対戦することになりました。

初回から足で相手チームを撹乱します。

なんと斎藤先生には、スクイズのサインが・・・。

Saito

Kazuhead

相手守備の乱れを誘い、なんと初回2点先制という幸先のよい立ちあがり。

しかし、その裏、さすが昨年度準優勝チームの底力。

一気に3点返され、逆転されてしまいます。

その後、川上園長先生の堅い守り。

Kawakami

森園長先生の球に喰らいつく粘りのバッティング。

Mori

何とか応戦しましたが、2対3で惜しくも敗退してしまいました。

しかし、結果はベスト8。

チームワークで勝ち取った結果に全員大満足。

さあ来年は・・・

どうなるんでしょうね。

稲刈り終了!

10月8日(土)は稲刈りの日

みんなで寮長農園へレッツゴー

田んぼの世話をしてくれている大西さんに稲刈りの仕方を教えてもらって、活動開始

稲刈り組はどんどん刈り取っていきます。

カマの使い方は不慣れですが、やっていくうちに上手になってきました

Img_8041 Img_8042 

刈り取った後は、稲を束ねます。

これは中学生以上の仕事でしたが、これがなかなか難しい

前日に動画を検索し、研究しましたが、コツをつかむまで時間がかかりました。

Dsc00961 Img_8056

束ねた後は、稲を干す作業。

ひたすら運ぶ、運ぶ

4対6の割合で束を分けてから、稲を干す台に束をかけます。

人海戦術で次々に干していきます

Dsc00951

完成

Img_8084

作業が終わったら、子どもたちも楽しみにしていた虫取り。

田んぼの周りには、たくさんの生物がいます。

田植えの頃はカエルばかりでしたが、カマキリやイナゴ、コオロギ等々・・・

Img_7943 Img_7952

そして最後には、かかしコンテストの結果発表

寮長特別賞を受賞したカカシをつくった子は特別にスイカ割りの権利が・・・

結果は失敗・・・残念でした

一人ひとり、楽しい稲刈りになって良かったですね

1日かけて、刈り取った稲は、20日間ほど天日干し。

その後、収穫します。

12月には、収穫したもち米でもちつきをする予定です。

自分で田植えをして、刈り取って食べるおもちの味は格別でしょう

楽しみです

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »